1. HOME
  2. 特集
  3. 曲面や立体形状のアルミ部品の溶接加工作業を自動化した自動車部品製造業の事例

SPECIAL

特集

曲面や立体形状のアルミ部品の溶接加工作業を自動化した自動車部品製造業の事例

企業情報

業種:自動車部品製造業
従業員数:10人~30人
エリア:大阪府

この事例におけるロボット化によるメリット

既存業務の自動化・省力化
生産性の向上
熟練業務の標準化
納期の短縮
3K業務の自動化
製品品質の向上

当社の課題

精密板金加工業において、立体形状になった部品へのスタッド溶接作業は、従来人手で行うほかありませんでした。単純作業の繰り返しですが、溶接不良が出ないようにするには溶接ガンを垂直に保持する必要があり、また、加工時の火花で火傷することもあり、作業者には負担が多くなっていました。

ロボットを導入した工程

今回はアルミなどの成形加工型の立体形状部品のスタッド溶接加工にロボットを導入しました。
人がワークをセットしたのち、ロボットがスタッドビスを取りにいき、指定した箇所に正確にスタッド溶接をする、というシステムを構築しました。

ロボット導入後の変化

導入後はワークを設置し、スタートボタンを押すだけでスタッド溶接ができるようになり、作業者の負担が軽減しました!
女性パート社員でも溶接作業ができるようになり、生産スピードは4.4倍、手加工時の不良率が4%から1%になりました!

事例内容

精密板金加工業において、立体形状になった部品へのスタッド溶接作業は人間が手動で行っておりました。
弊社では毎月6,000本もの手作業によるスタッド溶接加工があります。単純作業の繰り返しですが、溶接不良がでないようにするには、垂直に溶接ガンを保持しなければならず、集中力の維持が必要です。
また、 加工時の火花でやけどをすることもあり、作業者には非常に負担が大きくなっていました。
今回、垂直多関節ロボットを導入し、ティーチングやパーツフィーダの工夫で自動化を実現しました。
その結果、ワークを設置してスタートボタンを押すだけでスタッド溶接ができるようになり、作業者の負担が軽減し、女性パート社員でも作業ができるようになりました。
生産スピードも4.4倍になり、手加工時の不良率4%が1%に下がりました。

自動化・ロボット化事例集 無料進呈中

概要

本事例集は、全国の先進的な工場が取り組む「自動化・ロボット化」の事例をまとめたものとなります。
これから自動化・ロボット化に取組もうと考える皆さまに、
「町工場にロボット・IoTを導入する」ための具体的なノウハウを、
事例を通して知っていただくことを目的に作成しました。

以下のフォームボタンより、必要事項を入力し送信ください。
2〜3営業日以内に担当者より事例集を送付いたします。

事例集を申し込む

【ご確認ください】
こちらの事例集は、導入を検討している工場の担当者様限定となっております。
同業他社、メーカーや商社、SI事業者の方にはご送付をお断りする場合がございます。

Recent

関連特集