1. HOME
  2. 特集
  3. 部品内径の鞍型稜線におけるR面取作業のロボット化事例

SPECIAL

特集

部品内径の鞍型稜線におけるR面取作業のロボット化事例

企業情報

業種:建機部品製造業
従業員数:100人~300人
エリア:三重県

この事例におけるロボット化によるメリット

既存業務の自動化・省力化
生産性の向上
熟練業務の標準化

当社の課題

当社は建機部品製造を行っている会社で、主要部品にチゼルホルダがあります。
この部品の内径にはR面取りが必要な場所があり、形状が複雑で自動化ができず、作業員がハンドツールを用いて加工していました。

ロボットを導入した工程

今回は加工工具を新規設計して、内径加工に適した物を制作し、7軸ロボットを使用してより複雑な動きに対応できるようにしました。
さらに、トルクセンサを装備して加工を実現しました。

ロボット導入後の変化

ロボットの導入により、1個当たりの作業時間を削減や、夜間の自動加工も可能となり、増産に繋がりました!

事例内容

当社の主力製品は油圧ブレーカで、主要な部品にチゼルホルダ(主に衝撃工具に使用される部品)があります。
この部品の内径にはR面取りが必要な場所があるが、形状が複雑であり、従来は自動化が難しく、作業員がハンドツールを用いて加工していました。
この作業にはベテランの技術が必要で後継者問題も発生していました。

今回の事業では加工工具を新規設計して内径加工に適した物を製作した。7軸ロボットを使用してより複雑な動きに対応できるようにした。更にトルクセンサを装備して加工を実現しました。
システムはスライダの上にロボットを載せたロボット部、ワークを最大10台載せられるワーク台、ツールを10本ストック出来るツールホルダより構築されています。
ワーク台にワークをセットして加工個数を入力後、自動スタートボタンを押すだけで自動で加工が行なわれます。
ロボットの導入により、1個あたりの作業時間を削減することができ、増産が可能となり、また夜間の自動加工も可能となり、生産性が大きく向上しました。

自動化・ロボット化事例集 無料進呈中

概要

本事例集は、全国の先進的な工場が取り組む「自動化・ロボット化」の事例をまとめたものとなります。
これから自動化・ロボット化に取組もうと考える皆さまに、
「町工場にロボット・IoTを導入する」ための具体的なノウハウを、
事例を通して知っていただくことを目的に作成しました。

以下のフォームボタンより、必要事項を入力し送信ください。
2〜3営業日以内に担当者より事例集を送付いたします。

事例集を申し込む

【ご確認ください】
こちらの事例集は、導入を検討している工場の担当者様限定となっております。
同業他社、メーカーや商社、SI事業者の方にはご送付をお断りする場合がございます。

Recent

関連特集