データベース

あらゆるシステムにおいて、データを保存する場所「データベース」が存在します。普段は意識しないものではあるものの、データベースを意識したシステム活用・データ整理を行うことでデータドリブン経営への道がぐっと近づきます。
今回は、データベースの説明とデータベースを意識した活用方法について説明していきます。

~目次~
1.データベースとは
2.データベースのメリット

1.データベースとは

データベースとは、検索や集計、蓄積を容易に出来るように整理された情報の集まりを指します。一般的にはコンピュータやインターネット上に保持されたデータの集まりを意味しますが、棚などに置いてある品番ごと、顧客ごとに整理された物理的な資料もデータベースの一種です。
今回は一般的にはコンピュータやインターネット上に保持されたデータの集まりについて説明していきます。

2.データベースのメリット

データベースのメリットは、データ活用が可能である点が挙げられます。
整理されたデータの条件は以下の通りです。

  1. 1ファイル、1データごとの項目が統一されている。
  2. PDFファイルなどの画像データではなく、テキストデータとして保存する。

項目1は、日々の積み重ねによってできあがります。会社内でルールを統一して格納することが大切です。もしルール化を怠ってしまうと、データ活用システムを導入する際に、過去のすべてのデータを手作業でそろえなければならなくなってしまいます。データ整形に手間がかかるため、システム導入が遅れてしまい、ついには導入すら諦めてしまう・・・なんてこともあり得ます。
項目2は、システムを導入するにあたって、システムはデータを読み込みます。この時に画像データだと、文字検索ができないため、読み込むことができません。画像データのまま保存してしまうと、新たに文字起こしシステムを使用する必要が出てきてしまい、導入費用がかさんでしまいます。

手間をかけて取得したデータも、必要な形式に整理せずに単純にデータを蓄積するだけではデータベースと呼ぶことはできません。また、システムから見てもどの項目がどのデータを表しているのかが判断できないため、データ活用も出来ません。これでは、データを蓄積する意味がなくなってしまいます。

形式をフォーマット化、統一化して、蓄積されたデータを取り出しやすくすることがデータドリブン経営への一歩目となります。

▼レポート無料ダウンロード お申し込みはこちら▼

“積算・見積もりAIシステム”事例解説

今すぐダウンロードする

関連記事