ロボットの稼働率を上げる方法~稼働監視システムを活用して生産性UP~

1.はじめに

近年、人手不足や技術革新などが要因となって産業用ロボットが注目を集めています。国や地自体からはものづくり補助金や事業再構築補助金など多くの補助金が公表されており、最近ロボットを導入された企業も多いのではないでしょうか?
ただ、ロボットを導入することが目的になってしまい、導入したのはいいもののうまく活用できずロボットが埃をかぶってしまっていることが多いのが実情です。
今回はロボットを効果的に活用するための方法の一つとして、稼働監視システムをご紹介いたします。

2.ロボット導入の課題

上述のようにロボットを導入したはいいが、思っていたほど稼動が上がらないというような状況をよく耳にします。その要因は様々ですが、その一つが「そもそもロボットが稼動状況を把握できていない」です。
ロボットの稼働を上げようにも、そもそも現状の稼働状況を把握できていなければ、目標や計画を立てることも対策を検討することもできません。そのためロボットの稼働を上げるための第一ステップとして稼動状況を把握することが必要不可欠になります。そこで力を発揮するのが稼働監視システムです。

3.稼働監視システムとは?

ロボットなどの生産設備に、稼働監視ツールを取り付けることで、稼働状況をリアルタイムで見える化することができるシステムです。稼働状況が数値化・グラフ化されるため、過去の稼働実績も視覚的にわかりやすく確認ができます。
過去の稼働実績データが蓄積されていくため、過去の稼働状況を見てボトルネックの特定をすることで改善策の検討を行い、生産効率の改善に役立てることが可能です。

4.活用方法・導入効果

ここからは実際に稼働監視システムを導入してどのように稼働を上げていくのかについて、実際の事例に基づいた活用方法や導入効果を紹介いたします。

①稼働監視システムの導入によって、ロボットの稼働状況がリアルタイムで把握できるようになった。また、稼働データが蓄積されるため、過去のデータを見て「何が稼動率を下げている要因なのかを把握」でき、改善策を検討することができるようになった。

②グラフからロボットによる
溶接前の段取り替え時間が溶接時間よりも長くなっていることが判明。外段取りを行えるようなロボットシステムに変更することで、常にロボットが動ける状態に変更を行った。この結果、稼働率は17%向上させることができた。また、稼働時間が増えたことでロボットの稼働中に作業員は他の作業を取り組むことができるようになった。

③稼動率や停止時間などの数値データを得られるため、KPI・KGIの設定ができるようになった。目標値が明確になることで「とりあえず稼動を上げよう」ではなく、「いつまでに何パーセント稼働率を上げよう。そのために現在ボトルネックとなっているこの部分の改善を行おう」と実行力のある計画が立てられるようになった。

④グラフを確認するとロボットが長時間止まってしまっている状況が多く発生していることが判明したため、生産計画の見直しを実施。ロボットが止まっている時間の分析を行うことで、ロボットによる溶接時間が最大になるように生産スケジュールの調整を実施。

5.まとめ

稼働監視システムを活用することによって、上述したような改善活動が可能になります。
ロボットの稼働を上げる方法はハード的な改善やソフト的な改善まで様々ありますが、現状を把握と原因を分析せずに、いきなり改善をしても効果的な改善はできません。まずは本コラムでご紹介したように稼働監視システムの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。
ダウンロードレポートでは稼働監視システムの導入事例をご紹介しております。
無料でダウンロード頂けますので是非ご活用下さい。

 
■中堅・中小製造業の“ロボット稼働監視システム導入事例解説レポート

▼事例レポート無料ダウンロードお申し込みはこちら▼
中堅・中小製造業の“ロボット稼働監視システム導入”事例解説レポート

今すぐダウンロードする

https://www.funaisoken.co.jp/dl-contents/smart-factory__00587

  • ロボットを導入したはいいが思うように稼動が上がらない、稼働を上げたいと思っている
  • そもそもロボットがどのくらい稼動しているのかわからない、稼働率を把握したい
  • ロボット稼働率を把握して最適な生産計画を立てたい
  • 自動でデータ集計して集計の手間や集計ミスを無くしたい
  • データを通して改善策の検討を行い、生産効率を改善したい

上記のような疑問やご要望にお答えするための内容を、1冊のレポートにまとめました。

 
■オンラインセミナー開催のお知らせ
多品種少量・一品特注生産 溶接加工業社長セミナー
熟練の職人不足対策!溶接工程のロボット化・自動化!

▼セミナーお申し込みはこちら▼
多品種少量・一品特注生産 溶接加工業社長セミナー
https://smart-factory.funaisoken.co.jp/event/

講座内容
「3D技術・VR技術・IOT技術活用!従業員200名以下、多品種少量生産の溶接加工業のロボット化事例」

  • 従業員数わずか14名!溶接加工会社が一品特注品のロボット化を達成!
  • 従業員数60名の板金・プレス・溶接加工会社が職人芸の溶接をロボット化に成功!
  • ゼロからのスタートで多品種少量生産の溶接ロボット化に成功!
  • 従業員数10名の溶接加工会社がロボット10台をフル活用して生産性UP!
  • 多品種少量生産の溶接工程で協働ロボットを活用!

開催日程
全てオンライン開催となります

  • 2022/03/09 (水) 13:00~15:00
  • 2022/03/14 (月) 13:00~15:00
  • 2022/03/24 (木) 13:00~15:00
  • 2022/03/30 (水) 13:00~15:00

お申し込みはこちらから⇒
このセミナーは終了しました。最新のセミナーはこちらから。
https://smart-factory.funaisoken.co.jp/event/

 

関連記事