1. HOME
  2. ブログ
  3. 中小・零細製造業のデジタル化【基幹システム導入_システム導入プロジェクト前編】

中小・零細製造業のデジタル化【基幹システム導入_システム導入プロジェクト前編】

1.はじめに

本コラムでは、情報システムの専門家、いわゆる情シス部隊が存在しない企業様において、新たに基幹システム(生産管理、工程管理、会計管理、購買管理といった複数の機能群を有し、一つのデータベースで統合したシステム、ERPともいう)を導入する場合の検討から導入、活用までの流れについて、数回のシリーズに分けてお届けさせていただきます。
自社のIT関連の情報を全て把握している人が存在しない場合、新たにシステム導入をするにあたってどのようにハンドリングしてよいかがわからず、ベンダーにまかせっきりになってしまい、導入後も、システムの全体像を把握できていない場合があります。そのような状態では、導入したシステムを活用した業務改善を進めることもできず、事業を発展させる機会を逸することになります。そこで、導入を考え始めたときからどのような手順で進めれば導入後もシステムを活用できる環境を作ることが出来るかについて提案させていただいているのが本コラムシリーズです。是非、バックナンバーも参考にしていただければ幸いです。
第5回の今回は、システム導入プロジェクトを進める上でのポイントを解説いたします。

2.前回までの振り返りと本コラム内容について

前回までのコラムでは、検討開始の初動から仕様検討をし、システムベンダーを決める際の検討ポイントまでを解説をしました。ベンダーが決定すると、詳細な業務分析・要件定義・システム開発・システム導入・運用開始と、いよいよ実際に使うといったゴールに向けてプロジェクトがスタートします。
本コラムでは、ベンダーとプロジェクトを進めていく上でのポイントについて解説いたします。ここでいうシステムベンダーとは、「システムを提供、導入を支援する」企業を指しています。

3.システム導入プロジェクトの進め方

自社の必要要件を満たせそうなベンダーを選択しました。次のステップは、そのベンダーと一緒に新システムを現場に定着させ、活用するまでプロジェクトとして動かすことが必要になります。システムは、機械設備とは異なり、その中身(プログラム)を見ることは出来ません。そのため、新しいシステムには苦手意識を持ってしまい、現場からの理解を得られることが難しいことがあります。その打開策として、提案したいことは、(1)新システム導入を全社に周知すること、(2)新システム導入の意義を経営者自身で説明すること、(3)ベンダーに一任せずに、自社で積極的に関与することです。各項目について、解説させていただきます。

(1)システム導入を全社に周知することについて解説します。
導入するシステムによって、その規模、影響を受ける部署・業務は色々ありますが、その規模に寄らず、新システムの概要といつ頃導入される予定であることは、全社に共有し、その導入時期前後、特に導入後は今間でとの業務内容に変化が生じる可能性があることを認識しておいてもらうことが目的です。こうすることで、全社的なイベントであることを認識してもらい、直接関係無い部署・業務でも何かしらの影響がでる可能性があることを意識してもらうことが出来ます。また、一見関係無いと思っていた部署や社員から問い合わせが来て、見落としていた要件に気づくこともありますので、システム導入が決定したら、早めに全社に周知するようにしましょう。
(2)新システム導入の意義を経営者自身で説明することについて解説します。
これは、(1)に通ずるところがありますが、経営者が新システム導入の意義や思いについて語ることで、担当部署・担当者のみが単独で進めているプロジェクトでなく、全社的なプロジェクトであることを社員に認識してもらえます。システムを導入・変更することは、会社の仕組み自体を変更させることです。実際にそのシステムを使う社員の方々にとっては、今までの業務から変化することになるため、基本的には、ネガティブな反応が多くなりがちです。その反応を抑制するためにも、経営者が重要性を発信をすることで、自分の所属する会社にとって必要な変化であることを理解してもらうことが重要です。
(3)ベンダーに一任せず、自社で積極的に関与することについて解説します。
基本的には、ベンダー側が旗を振って、プロジェクトを進めることになります。しかし、ここでベンダーにまかせっきりにせず、自社からもわからないことは質問するや、追加で出てきた要望については、積極的に伝えるようにしていきましょう。特に理解できないこと・進め方や決定した事項に納得がいかないことは、遠慮せずに伝えましょう。自身の発言で、計画の進捗が遅れる・追加開発が発生し、コストが増大する可能性が頭をよぎると、思ったことを言えなくなります。そこで、引いてしまうと、後々それが問題になって、確認しておけばよかったと後悔することも少なくありません。また、自身が疑問に思ったことが、後から別の社員に質問され、結局、ベンダーに問い合わせる必要が出てくることもあり得ます。

4.おわりに

以上のポイントを意識してプロジェクトに臨んでいただければ、導入したシステムが使い物にならなかったといった事態は回避できると考えています。
中小・零細製造業のデジタル化【基幹システム導入_システム導入プロジェクト前編】の解説は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

AIやデジタル技術を活用した「工場のAI・デジタル化」に関する事例を以下のレポート内でご紹介しております。

中堅・中小製造業 経営者様向け “工場のAI・デジタル化”最新事例解説レポート

 

上記の事例レポートは無料でダウンロードいただくことができます。
ご興味のある方は、是非チェックしてみてください。

▼事例レポート無料ダウンロード お申し込みはこちら▼
https://smart-factory.funaisoken.co.jp/download/201208/

■オンラインセミナー開催のお知らせ
多品種少量・一品特注生産 溶接加工業社長セミナー
熟練技術・職人技術の溶接工程のロボット化!

詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/077628

■このような方におすすめ

  • 従業員100名以下の溶接加工業の社長様
  • 多品種少量生産で一品特注品も多い溶接加工業の社長様
  • 溶接工程を熟練者・職人に依存している溶接加工業の社長様
  • 溶接の熟練者不足・職人不足に頭を悩ませている溶接加工業の社長様
  • 多品種少量生産で一品特注品が多い溶接工程をロボット化したい社長様

■本セミナーで学べるポイント

・従業員100名以下の溶接加工業の社長が知っておくべきロボット導入法が分かる!
~少数精鋭主義の社長の為のロボット活用術が分かります~
・多品種少量生産で一品特注品も多い溶接工程をロボットする方法が分かる!
~多品種少量生産・一品特注生産に適したロボットの導入法が分かります~
・熟練者・職人に依存している溶接工程にロボットを導入する方法が分かる!
~一部の熟練者・職人に依存している溶接にロボットを活用する方法が分かります~
・溶接の熟練技術・職人技術を継承して若手社員を育成する方法が分かる!
~熟練者・職人に依存している体制から若手社員がリードできる体制へ~
・多品種少量生産で一品特注品が多い溶接工程をいかにロボット化するかが分かる!
~理論・理屈ではなく、自社の現場で実践できるやり方が分かります~

■成功事例

  1. <静岡県>従業員数わずか14名!溶接加工会社が一品特注品のロボット化を達成!
  2. <大阪府>従業員数60名の板金・プレス・溶接加工会社が職人芸の溶接をロボット化に成功!
  3. <北海道>従業員数10名の溶接加工会社がロボットを10台フル活用して生産性UP!
  4. <兵庫県>全くのゼロからのスタートで多品種少量生産の溶接ロボット化に成功!
  5. <新潟県>多品種少量生産の溶接工程で協働ロボットを活用!

■講座内容

第1講座
従業員100名以下、多品種少量生産の溶接加工業のロボット化事例

  • 従業員数わずか14名!溶接加工会社が一品特注品のロボット化を達成!
  • 従業員数60名の板金・プレス・溶接加工会社が職人芸の溶接をロボット化に成功!
  • 従業員数10名の溶接加工会社がロボット10台をフル活用して生産性UP!
  • 全くのゼロからのスタートで多品種少量生産の溶接ロボット化に成功!
  • 多品種少量生産の溶接工程で協働ロボットを活用!
第2講座
従業員100名以下の溶接加工業の社長が取り組むべき自動化&ロボット化戦略

  • 多品種少量・一品特注生産の溶接工程のロボット化・自動化戦略
  • 熟練業務・職人技術に依存した溶接工程のロボット化・自動化戦略
  • 溶接工程をより儲かる業務にする為の仕組み
  • 若手社員を増やして育成する為の社長の仕事
  • 社長として自動化&ロボット化戦略を成功させるポイント

■講師紹介

株式会社 船井総合研究所
執行役員
菊池 功

名古屋大学工学部原子核工学科を卒業後、船井総合研究所に入社。 製造業の環境・エネルギー対策とロボット化・AI化・IoT化に 専門特化した経営コンサルティングを手掛ける。工場の現場診断・分析から、省エネ改善提案、省力化提案、設備管理費減提案、ロボット化・AI化・IoT化指導まで手掛ける。累計の工場診断数は日本を代表する大手製造業を中心に700件を超える。

株式会社 船井総合研究所
チーフコンサルタント
三輪 洋介

千葉工業大学機械工学科を卒業後、消耗衛生品メーカにて生産現場の設備保全、生産性改善、省人化、設備設計やPLC設計等に従事。その後自動車部品メーカーの生産技術部門にて自動車用部品の生産設備導入や新規工法テスト・評価等の業務を経て海外新規立ち上げ工場のMGに着任。新設工場の立ち上げにて様々な設備やロボットを導入立ち上げを経験。

■参加料金

  • 一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
  • 会員価格  8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

※ ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願いいたします。
※ 会員価格は、各種経営研究会・経営フォーラム、および社長onlineプレミアムプラン(旧:FUNAIメンバーズPlus)にご入会中のお客様のお申込みに適用となります。詳しくは社長onlineをご確認ください。

日時・会場
〈お申し込み期限につきまして〉開催日4日前までとなります。(銀行振込ご希望の場合は開催日6日前までとなり、それ以降はクレジット決済のみとなります)
〈複数開催の場合〉各回、同じ内容です。ご都合のよい日時をお選びください。)
全日程オンラインでの開催となります。

2021/11/09 (火)
13:00~15:00

2021/11/16 (火)
13:00~15:00

2021/11/18 (木)
13:00~15:00

2021/11/24 (水)
13:00~15:00

開催日3日前までにマイページよりキャンセルをお願い致します。それ以降は事務局宛にメールにてご連絡ください。キャンセル期日以降の有料セミナーのお取り消しの場合はご参加料金の50%を、当日の欠席は100%をキャンセル料として申し受けますのでご注意ください。

お申し込みはこちらから⇒
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/077628

■工場AI・ロボット.comでは「無料オンライン診断サービス」を行っております
専門コンサルタントが無料でAI活用について診断致します!

  • AI活用したいが初めてでやり方が分からない・・・
  • データドリブン経営を実践したい・・・
  • 営業、見積もり業務が属人化している・・・
  • 生産管理に工数がかかっている・・・
  • 現場の進捗が見えない・・・
  • 他社の導入事例の詳細について聞きたい
  • AI活用について相談できる所が見つからない・・・

↓↓お申し込みはこちらから↓↓
無料オンライン診断受付中
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/smart-factory/counsel.html

関連記事