“DXツール導入前”に実施すべきこととは?

いつも当メルマガ・コラムをご愛読いただきありがとうございます。

今回は、「“DXツール導入前”に実施すべきこととは?」
というテーマについてお伝えさせていただきます。

1.“DXツール導入前”に実施すべきこととは?

昨今、製造業におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)の必要性が叫ばれている中、各システム会社からさまざまな種類のDXツールがリリースされています。

そのような状況もあり、「DX」という言葉を聞くと、「いきなりシステムやデジタル技術を導入して、現状をより良い方向に変えていく」という発想が思い浮かびやすいかと思います。

ところが、実際には現状の業務のあり方をそのままにしておいてDXツールだけを導入しても、大きな成果(生産性向上)には繋がらないものです。

DXツール云々を言う前に、まずは現状のビジネスモデルや業務プロセス、帳票・データのあり方や管理手法等を改革・改善させることが先決ということになります。

2.具体例

【例:見積もり業務のAI化】
AIシステムの導入を通じて、新規の見積もり算出の参考情報として使用する「過去の類似図面データ」を探し出す作業をAIに代替させたい場合

①見積もり作成に使用する参考情報(例:図面データ、積算書データ等)の管理先がバラバラになっていないか?
②見積もり積算書のフォーマットが「担当者の好み」によってバラバラになっていないか?
③見積もり作成に際して、使用目的が曖昧な帳票が余計に存在していないか?
④ペーパーレス化が進んでおらず、紙媒体での情報管理が常態化していないか?
⑤各帳票間の転記作業が頻発しており、業務の二度手間が発生していないか?
――
例えば上記①~⑤のように、DXツールの導入前に、まずは現状の業務のあり方や帳票・データのあり方等の見直しから実施していくことが重要です。

既存の帳票やデータ等をそのまま活用できればスムーズですが、現実的には多くの中堅・中小製造業がDXを推進していく場合、既存の帳票やデータ等を何の加工・置き換えもなしにそのまま活用できるケースは少数派です。

ただ、既存の帳票やデータ等をそのまま活用できないからDX自体を諦めるという発想ではなく、

「導入する新たなシステムやツールに合わせて 現場のあり方やデータの仕様を変えていく」

という発想をベースに、DXの実現に向けて足りない点をタイムリーに補ってあげる動きが必要となってきます。

このように、DXツールの導入前の段階で現状のビジネスモデルや業務プロセス、帳票・データのあり方や管理手法等を改革・改善させることができるかどうか?

これこそが、DX実現に向けた最大のポイントと言っても過言ではないでしょう。

以上、「“DXツール導入前”に実施すべきこととは?」というテーマについてお伝えさせていただきました。

 
“積算・見積もりAIシステム”事例解説レポート

▼事例レポート無料ダウンロードお申し込みはこちら▼
““積算・見積もりAIシステム”事例解説レポート

今すぐダウンロードする

https://www.funaisoken.co.jp/dl-contents/smart-factory_smart-factory_00702

AIを活用し「積算・見積もりのドンブリ勘定」からの脱却を実現!
AI活用を通じて“ベテラン社員の働き方改革”を推進!
積算・見積もり業務の“標準化・脱属人化・技術継承”実践事例とは?

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 見積もり業務の属人化を解消したい
  • 見積もり業務の標準化を図りたい
  • 見積もり業務にAIを活用したい
  • 積算・見積もり業務の“標準化・脱属人化・技術継承”をしたい
  • AI活用を通じてベテラン社員の働き方改革を進めたい

 
■オンラインセミナー開催のお知らせ
製造業の為のAI活用戦略!経営者セミナー
製造業の取組事例に学ぶ!製造業経営者が知っておくべきAI活⽤戦略!

▼セミナーお申し込みはこちら▼
製造業の為のAI活用戦略!経営者セミナー
https://smart-factory.funaisoken.co.jp/event/

 
このような方にオススメ

  • AIに関心はあるが、自社の経営・営業にAIを具体的にどう活用できるかを知りたい”製造業経営者”
  • 営業部門がまだまだ属人的で、個々の営業スタッフの経験や勘に依存していると感じている”製造業経営者”
  • 生産技術・生産計画・生産管理を特定の熟練者に依存していてブラックボックス化していると感じている”製造業経営者”
  • 製造現場では匠の技が駆使されていて、AI化・IoT化・ロボット化・デジタル化が進んでいないと感じてる”製造業経営者”
  • 営業管理・生産管理・原価管理等の基幹システムに課題があり、非効率的で改善が必要と感じている”製造業経営者”の方

 
講座内容
第一講座 AI取組事例講座編 「全国各地で見られる製造業でのAI取組事例」

  • 営業部門でAIを活用し、属人化した営業スキルの標準化に取り組んでいる製造業の事例
  • 見積・設計業務にAIを活用して、見積業務効率化・見積精度UP、設計業務効率化に取り組んでいる製造業の事例
  • 成功する原価管理システムの業務改善手順と具体的導入プロセス
  • 生産計画・生産管理にAIを活用して、生産計画作成の自動化・最適化&生産管理の効率化に取り組んでいる製造業の事例
  • 製造現場でのAI化・IoT化・ロボット化・デジタル化により職人依存体制からの脱却を目指している製造業の事例
  • 経営管理全般でDX化に邁進している製造業の事例

第二講座 AI活用戦略講座編 「製造業経営者が取り組むべきAI活用戦略」

  • 製造業の経営にAIを活用する方法
  • ”経営者目線”で知っておくべき製造業で実践できる具体的なAI活用とは?
  • 漠然とした理論・概論ではなく、現場で即使えて実践的なAI導入手順

 
全てオンラインでの開催となります
PCがあればどこでも受講可能です

2022/04/12 (火)13:00~15:00

2022/04/14 (木)13:00~15:00

2022/04/20 (水)13:00~15:00

2022/04/21 (木)13:00~15:00

お申し込みはこちらから⇒
このセミナーは終了しました。最新のセミナーはこちらから。
https://smart-factory.funaisoken.co.jp/event/

 

関連記事